【履修計画】「シラバス」の見方を解説!少し複雑だけど読まなきゃ損かも。

【履修計画】「シラバス」の見方を解説!少し複雑だけど読まなきゃ損かも。

授業を選ぶ上で、この授業は何の授業なんだろう…テストはあるのかな…などなど、気になることはたくさんあるのではないしょうか。そんな疑問を一気に解決できるのが「シラバス」です!

今回はそんな「シラバス」の使い方ついて、細かく解説していきます。

シラバスとは

そもそも「シラバス」とは何なのでしょうか。

簡単に言えば、先生の授業計画のことです。授業の毎回の流れや内容、履修すると学べること、レポートの有無、教科書、成績評価方法などを確認することができます。

大学は高校よりも開講されている授業が非常に多く、内容も多岐にわたるため、授業名だけで履修計画を立てるのは難しいです。そのため、大学生は「シラバス」を見て、授業を選択していくのです。

シラバスにアクセスする

一橋大学のシラバスは、「大学HP」または「CELS(学務情報システム)」の2つのサイトで公開されています。

どちらも掲載されている情報は同じですが、CELSを使うとシームレスに履修登録を行うことができます。一方、大学HPのものは比較的シンプルで検索しやすいです。

これらのサイトは、下記のページからアクセスすることができます。

教務課からのお知らせ | 授業・履修 | 在学生の方へ | 一橋大学 (hit-u.ac.jp)

ちなみに、このページは大学生活でよく使う「CELS」や「manaba」のログインにも使えるため、なにかと便利です。筆者はすぐに開けるようにしています!

(1)大学HP(学籍番号がない人向け)

大学HPでは学籍番号の入力をせずにシラバスを閲覧できるため、学外の方や学籍番号をもらう前の新入生でもアクセスすることができます!

このサイトを開き、「学外の方用」欄にある「シラバス検索サイトへ」をクリック。ここからシラバスを見ることができます。

(2)CELS(学籍番号がある人向け)

学籍番号がある一橋の学生であれば、わざわざ大学HPを開かなくも、履修登録などで使うシステム「CELS」からシラバスを閲覧することができます!
このサイトを開き、「教員・学生用」欄にある「CELS」をクリック。学籍番号(一橋ID)とパスワードを入力してCELSにログインしましょう。

上記の画像で示したところに「シラバス」があります。こちらからアクセスしてみてください!注意点としては、操作をせずに約10分間たつと自動的にタイムアウトしてしまいます(これは文句ですが、本当に短すぎます!)。履修登録をする際などには注意してください。

授業情報を見る!

それでは、実際にシラバスを使って授業情報を見ていきましょう。今回は、筆者のイチオシ授業「情報リテラシー」を例にとりたいと思います。

(1)授業を検索する

シラバスにアクセスすると、まず検索画面が出てきます。

この検索画面から、一橋大学の数ある授業の中から、「授業名」はもちろん、「曜日」「時限」「抽選の有無」などで絞り込んで、授業を表示させることができます。とりたい授業が明確でなくても、「水曜3限の社会学部の授業」のようにピンポイントで調べられるのが嬉しいですね。
私は情報リテラシーを調べたいので、「開講科目名」に「情報リテラシー」と打ち込みます。

(2)検索結果から授業を選ぶ

検索すると授業が表示されるので、お目当ての授業を探しましょう。同じ名前の授業であっても、教える先生や曜日・時限が異なる場合もあります。

私は月曜日の岡田昭夫先生の情報リテラシーを受講したいので、月曜1限のものを選びます。

(3)授業情報を見る

無事、お目当ての授業のシラバスが表示されました!たくさん情報があって、どれを見ればいいかわからないですよね…(笑)
ここからは、一橋生がよく確認している部分を解説していきたいと思います。

単位数
この授業を受け終わると取れる単位数です。多くの授業は「2.0」ですが、スポーツ方法など単位数が紛らわしい科目については、この項目をよく確認するようにしましょう。

科目区分
この授業がどの科目に分類されているかがわかります。情報リテラシーは「数理・情報科目」です。社会学部生には必修ですね。
他にも、第二外国語、運動文化科目、導入・基礎・発展科目、全学共通教育科目(般教)などがあります。履修ルールによる制限(発展科目は3年生以上しか受講できないなど)もあるので、学士課程ガイドブックを確認しておきましょう。

開講所属
進学・卒業の際には、自学部の授業を規定以上取ることはもちろん、他学部の授業を一定数受ける必要があります。自分の受けたい授業がどの学部で開講されているのか、しっかり確認しておきましょう。

曜限・開講形態・開講区分
授業が開講される学期・曜日や時限を確認することができます。また、対面授業なのか、オンデマンドやライブ配信で行われるのかも確認できます。同じコマには2つ以上の授業を履修登録することができないので、履修を組む際には注意しましょう。
なお、曜日欄が「他」となっている授業は複数登録できます。

概要・到達目標
授業の内容をこちらから確認できます。名前から連想する授業内容とは違っていたり、同じ名前でも教員によって全く違う内容だったりすることがあるので、しっかり見ておくことをオススメします。

授業内容・テキスト
板書、グループワーク、小テストなどの有無をすべて確認することができます。特にグループワークや小テストがある授業は敬遠される傾向にあります。筆者は特にこの部分を血眼になって確認します。死活問題です!!
授業で使うテキストもこちらから確認することができます。

成績評価の方法
小テストが何%分、出席が何%分…、と評価の方法を載せてくれている先生もいます。「テストの点数悪いけど、出席点が高めだからあきらめずに頑張ろう」みたいに、授業の受け方を左右するのでしっかり確認した方がいいです。ここに記載がなくても、授業初回のオリエンテーションで説明してくれるので安心してください。

まとめ

今回は授業を選ぶ上で大切な「シラバス」について解説しました。合わせてなぜか情報リテラシーを宣伝してしまいましたが、2023年度は岡田先生の授業は残念ながら開講されないそうです…(T_T)
シラバスをうまく活用して、自分にぴったりの興味のある授業を見つけられるといいですね。

一橋mapでは、他にも授業や履修に関する情報をお伝えしていきます!公式LINEに登録すると、最新情報の通知が受け取れることはもちろん、キャンパス周辺で使えるおトクな情報がGETできるかも…?
こちらからご登録ください!

関連記事

一橋map公式LINE

公式LINEでは、限定イベント・プログラム情報や 学内情報を発信しています。 公式LINE追加で最新情報をGETして 学生生活を充実させよう!

公式LINEを追加する

キャリアサイト「ATLAS」

一橋mapの姉妹メディアのATLASは 「未来をつくるリーダーのための就活キャリアサイト」です。 1年生からでもキャリアを考えられる コンテンツが充実しています。

ATLASを見る