瀧本ゼミ政策分析パート
  • 学術・ゼミ​

瀧本ゼミ政策分析パート

京都大学客員准教授瀧本哲史によって創設されたインカレの自主ゼミ・学生シンクタンク。

徹底的な論文調査と専門家へのヒアリングで「世の中で知られていないが、実は重要である問題」を分析し有効な解決策を立案・実行に移す。
場所 月曜日は駒場キャンパス付近のスペースで対面ミーティング(オンライン参加可能)。それに加えて、水曜日か金曜日のどちらか都合の良い日を選んで、オンラインでミーティング。
活動日 週1回、月曜日に対面ミーティングを行う。成果発表や進捗報告を行う。19時から最長2時間程度。場所は駒場キャンパス付近(オンラインでの参加も可能)。
水曜日か金曜日のどちらか都合の良い日を選んで、オンラインでリサーチ会。進捗報告と、それに対するアドバイス・コメントに加え、ニュースを持ち寄って雑談する会なども実施。
活動内容 「世の中で知られていないが、実は重要である問題」を解決する政策の立案と提言を行う。
メンバーは半年に一度、新たな政策を立案し、発表する。政策立案は上級生・下級生にかかわらず、メンバー同士でアドバイス・コメントをし合いながら、現実的かつ効果的な解決策の立案を目指す。
立案した政策は政治家や行政、企業などに実際に提言を行い、実現を目指す。提言に際しても、メンバー同士で知恵を出し合いながら、本格的な社会実装に繋げる。
月ごとの
スケジュール
4月:説明会・新歓
5月:加入メンバー決定、新入生向け研修
6月末:東西戦(東京・京都の瀧本ゼミ全パートによる発表会)
5~8月:期間中に各メンバーが一度、政策立案の発表を行う&政策提言も同時並行で行う
8月:最後の追い込みとして、任意の夏合宿を実施
10月:秋新歓
10月:加入メンバー決定、新入生向け研修
10月~2月:期間中に各メンバーが一度、政策立案の発表を行う&政策提言も同時並行で行う
2月:最後の追い込みとして、任意の冬合宿を実施
新歓日程 未定

詳細情報

代表者名 伊丹裕貴
設立年 2012
メンバーの人数 10
男:女 5:5
東大生の割合 50%
メンバーの所属大学 東京大学、一橋大学、慶應義塾大学、早稲田大学、お茶の水女子大学
入会選考 あり
入会費 0円
年間でかかる費用 0円
連絡先 tsemi.seisaku@gmail.com
備考 任意参加の合宿が半年に一度あり、合宿に参加される場合は参加費がかかります。

各種SNS

質問コーナー

このサークルならではの魅力はなんですか?
ただ学術的な議論をするだけで終わるのではなく、学術的な論文と実際の社会がどう結びついているかについてリサーチを行い、実際の社会に対して有効なアプローチを考え、さらにそれを実現にまで移せるところです。
このサークルに入って良かったと思うことはなんですか?
何よりも大きいのは、自らの力で世の中に有効な解決策を提示し、それを実行に移せたことです。そして、理想論だけではなく、実際に社会がどのように動いているかを観察する眼を持てたことです。
本音ベースでお聞きします。どんなタイプの学生が所属していますか?
頭のキレが良い人が多いですが、そのキレの良さは毎週メンバー同士で議論する中で生まれてきたものだと思います。また、メンバー同士は仲が良く、和気藹々とした雰囲気でゼミ取り組んでいます。
週にどのくらいの時間コミットしなければいけないですか?
月曜日のゼミ(最長2時間)と水 or 金曜日のリサーチ会(約1時間)の他に、各自で政策の立案・提言に際してリサーチを行う時間が必要です。リサーチに必要な時間は個人のモチベーション次第ですが、平均すれば週1〜2時間程度だと思います。
OB・OGの方とのつながりやコミュニティなどはありますか。
社会人OB・OGの方々も積極的にゼミに関わっており、毎週のミーティングなどに来られることもよくあります。社会経験を積んでおられる方からアドバイス・コメントをいただくことで視座を高められ、より良い政策の立案・提言に繋がるだけでなく、社会に対する見方も広がります。
メンバー同士、仲は良いですか。
議論が中心のゼミなので心配な方もいるかもしれませんが、メンバー同士は仲が良いです!月曜日のゼミの後は行きたい人たちで集まってご飯に行ったり、休日にみんなで一緒に出かけたりすることもあります。

関連サークル

UTmap公式LINE

公式LINEでは、限定イベント・プログラム情報や学内情報を発信しています。公式LINE追加で最新情報をGETして学生生活を充実させよう!

公式LINEを追加する

キャリアサイト「ATLAS」

UTmapの姉妹メディアのATLASは「未来をつくるリーダーのための就活キャリアサイト」です。1年生からでもキャリアを考えられるコンテンツが充実しています。

ATLASを見る